働かないの

仙人になりたい女のつぶやき

いつの間にか昔の人間になっていた

 

さっきラジオを聞いてたら、通勤にスニーカーを履くのが流行りだと言っていました(-ω☆)

 

おや?

デジャブですか?

 

通勤にスニーカーって、昔も流行りましたよね(ー_ー)!!

 

ちょっと脱線しますが、私が若い時に年配の人に(特に母親が多かったかも)昔も流行ったと言われても素直に納得しませんでした

昔流行ったかもしれないけどそれと今の流行りは似てるようで全く違うものなんだから・・と密かに否定していました!

きっと今回の通勤にスニーカーの件も大枠だけ同じでトレンドの中身は全く違うものなんだろうな

 

時は流れて、昔流行ったという昔側の人間になっちゃったんだと思うとため息が出ます( ´Д`)=3

 

通勤にスニーカーの象徴が、私がアメリカで観たワーキングガールという映画じゃないのかなぁ?

988年だったんですね〜

これは・・やっぱり50代以上しか知らない映画だわ

あの映画の中のメラニー・グリフィスワーキングガールとしてスニーカーを履いて通勤している姿に憧れました

憧れといってもカッコ良かったわけではなく、若い時にありがちな流行り信仰的なものだったと思います

でもメラニー・グリフィスの立ち振舞に同じ女性ながら嫉妬を覚えるほどの(同じ土俵に立っていると勘違いしていたバカな私)色っぽさ゚❤(ӦvӦ。)

あの舌足らずの英語のしゃべり方を真似しちゃったりして、私も若かったのね(๑´•.̫ • `๑)

あの立髪も流行りましたね〜

当時からバカっぽいと思っていたので私はやりませんでしたけど

 

ニューヨーカーは通勤にスニーカーを履いてカッコよかったですね

 

しかし私は反対側の西海岸におりましたので、通勤は車だし、裸足だったりビーサンだったりだったような気がします

あっ私は学生でしたけどね

 

あの頃スポーツクラブでエアロビをすることが私のトレンドだったので、流行りのリーボックのハイカットの靴を履いていたっけ

 

最近は当り前のようにスニーカーを履いている若い女性を見るようになりましたね〜

私もスニーカーやスリッポンの生活です

夏はビーサンですけどね

 

スニーカーは今オニツカタイガーが気に入っているのですが、そろそろナイキやプーマあたりの黒か赤が欲しくなりました

 

ZOZOタウンあたりが安いのですかね?

 

洋服はこだわらなくても、日々お洒落な足元で過ごしたいですね

足元の靴がちょっとこだわっていると、ポイントあがりませんか♪~(´ε` )

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

リフォーム屋さんのお仕事

 

ちょっとひっかかるんだな〜( ゚д゚)

 

母の寝室を1階に作るリフォームに当たって、たまたま親戚と近所の業者が同じで、両方からお勧めされた流れでその業者さんを紹介してもらいました

 

大工さんみたいなオジサンがやってきてお話をしました

優しい感じの方でした

 

印象は好感が持てました

それは母と私と違うことをそれぞれ言っていてもきっちり聞いてくれたところです

オジサンとは・・人のことをあまり聞かない、そんな勝手なイメージを膨らませていました

見た目とは違ってジェントルマンでした

御免遊ばせ〜(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

ただ・・

いろいろな意見を持つ母や私ですが、あくまでも素人

ワタクシタチ言いたい放題なわけですよ

そこをうまくまとめて、アドバイスをくれるのが業者のお仕事だと信じていたんです

あまりにもこちらサイドの言い分ばかり聞いているので、話の途中途中に

プロのご提案を頂きたい!

と、信号どころかはっきりとした意思表示をしているのに、第一回目は聞き取りだけで終わりました_| ̄|○ il||li

 

肩透かしでした( ・`ω・´)

 

もしかしたら最初でこちらも考えがまとまってないので、とにかくいろいろ言わせてこちらの意見がまとまって、それから初めて提案があるのかな?と大きな期待を持っているところです

 

私、昔インテリアコーディネーターの学校に行って資格まで取っちゃったインテリア好きなんです

それでどーのと威張るようなことでもないですし、もう今となっては昔取った杵柄でどうでもいいことなのです

 

その学校でこの手の聞き取りから提案までみっちり勉強した記憶があるので、違和感を覚えるのかもしれません

学校ってあくまでも学びの場所で、現場とは違いますものね

 

でもね・・

 

少なくとも依頼主がこんな風にヤキモキしないようにはしてほしいなぁなんてモヤモヤしたりしているんですわ

 

あーいちばん気になったのは補助金の話が向こうから出てこなかったことです(´・ω:;.:...

 

本当ならいくつかの業者さんから提案を聞いてから決めたいところなんですけど、そんなことができるのはやっぱり都会の話ですかね

 

あーまたモヤモヤが増えたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

要介護認定とリフォーム補助金のお話

 

多忙の11月を終えた!とひと安心

(どんな多忙だったかは追々というお約束で_(_^_)_)

 

さて、次は母の寝室を1階に作るリフォームとか、初の要介護認定を受けるとか、新たなミッションが始まるわけで、備忘録的にブログに残したいと思っています

これから親と同居して介護を始めようという人の参考にでもなれば、尚の事良いですヮ

私が勝手に思うことですが、アクセス重視のビジネスブロガー的な人の記事よりも素人日記的なブログの方がリアル感があって為になることってないですか( ̄ー ̄)bグッ!

 

リフォームに必要な補助金制度を調べてみました

どうやら要介護認定者用の補助金だったり、市町村のリフォームの補助金だったりいくつかあるようです

嬉しい悲鳴(;゚∀゚)=3

そしてうまく活用すれば併用して補助金をもらうこともできるらしい

 

いろいろな情報を知っていると知らないでは自己負担額もさながら、リフォームの内容も違ってくるということですね

これは・・ハードルが上がってきた٩(๑òωó๑)۶

 

しかし・・私には知識がない

何かとわからないことが多すぎる┐(´д`)┌

 

こんな時はプロのお知恵をお借りするのがいちばん!

ということで、まずは要介護の認定の話を進めないといけません

 

実はリフォームでいちばん困っていたことがありました

それはトイレです

 

今母がなんとか頑張って2階の寝室を使っている理由のひとつにトイレが専用にあるからなんです

しかし今度1階に作る予定の部屋から1階のトイレが少しだけ離れています

健常者にとっては少しなんですけど、母的にはトイレに行く度に目が覚める距離と説得力のある説明を頂戴しましたorz

それでは!と、介護用品のポータブルのトイレを置きたいと私は密かに思っているのですが、これは母にはうまく伝えないければいけないようなそんな予感がします

 

リフォームは年明けになったので、やっぱりこういうことは要介護の認定を取ってからケアマネージャーあたりからうまく言ってもらうのがいちばん良さそうな気がします

う〜ん何かと根回しが必要だわ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

リフォーム業者さんとも何度か打ち合わせをしましたが、なんせ田舎の業者なわけでそのあたりの上手な提案らしきものがないのが残念・・

やっぱり理想の業者って都会での話なのかしらん

 

先日、市役所に申請書を出して、かかりつけのお医者さんにも書類を書いてもらう手続きを済ませたので向こうからの連絡待ちとなりました

病院の担当の人の話では来年になりそうとのことでした

ちょっと出遅れてしまいましたが、11月は忙しかったのでしょうがないですね

今年も残り半月ですし、バタバタもがいても仕方ありません

ど〜んと構えてやることにしますぅ(^_-)-☆気持ちはネ

 

さぁてどんな風に進んでいくんでしょうかね・・?

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

昔はお洒落だった・・気がする

 

毎日お寒〜ございます(。・・。)

今年は例年になく寒い日が続きますね

 

寒い時は無理せず冬眠というのがポリシーなわけで、特にワタシ的には問題ありません

母にも

寒いんだからジッとしてればいい!

と、マインドコントロールしています

昔の人は貧乏性というか、特にうちの母はジッとしていることが怠けていることと思えるようで(まぁそうかもしれませんが)、そんなことでマイナス思考に陥ることはバカげています

なので、Take it easy!のんびりいこう!精神を母にすり込んでいる次第です

 

とは言え私は食材のお買物をサボるわけにはいかず、外出はするわけですが、それにしても自分のファッションって機能性だけだなっ💦とふと思った次第です

 

誰も聞いてくれないだろうからここで勝手に書くけど、大学生の時はJJファッションサーファーとお洒落三昧していてもてはやされていた(つもり)のに今ではこのザマです。゚(゚´ω`゚)゚。゚ー

 

昔の友達には想像つかないだろうなぁー

 

若い時のファッションとはフェロモンのビジュアル化なのでしょうか?

もうフェロモンは残ってないorz

 

今となっては寒い時は防寒してくれればそれで充分です

もう長い間スカートははいていない。・゚・(ノД`)・゚・。

先日1年ぶりに会った友達には少年のようだ、と言われました

(オッサンのようだと言わない友達に座布団一枚!)

 

あ”ー女終わったな

 

せめてもの言い訳ですけど、お洒落はしてませんけど、ダサい格好をしているわけではありません

 

ちょっと前まではコートを買おうと思っていたんです

でもね、コートって寒いですよね

悩んで悩んでコートたるものやめました

寒い時はダウンがいちばんです

 

でも頼みのダウンがもう10年ものになってしまって、新しいのを探しています

・・が、なかなかこれというダウンが見つかりません

 

ってか買物という行為自体してないですし・・

 

言いたくないですけど、これからはファッション性より機能&着心地!です

飾りのない着心地のいいダウンを探すことにします・・ユニクロという声がチラホラ〜

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

母との同居の危機

 

ごきげんよう

人生山あり谷ありです(´ε`;)…

 

本日のお昼ごはんの献立はこうです

昨日の夜の残り物のおでんがありました

3人分には量的に足りなかったし、スパゲッティをど〜んと加えました

献立メニュー的には無しでしょうけど、上げ膳据え膳として考えれば大いにありでしょー

 

さぁ〜食べよう!とお皿に盛った後に、母は何を思ったのか冷蔵庫に先日の乾麺のうどんの茹でたのが少し残っていたので、それを食べると言ってうどんのつゆを作り始めました

なぜ?今?

 

そう言えばお昼に食べるとは言っていたようですが、もう充分食べるものがあるし、出来上がっているし、

お母さん、これで充分だからもういいじゃない?

と私は言いました

 

しかし母は譲りません

 

子供がえりでしょうか(●`ε´●)?

母のその行動によってせっかくの楽しい昼御飯があやしい空気になることが読めないのでしょうか?

一緒に気持ちよく食べようという気にはならなかったのかな?

家族ってそういう歩み寄りが必要なのでは?

 

私はもう呆れて言葉がありませんでした

 

そこから誰ひとり言葉を発することはありませんでした

口をひらいて楽しい会話を始める突破口すら見当たりません

不穏な空気の中での昼食となりました

 

最近こんなことの繰り返しです

 

先日はすぐ感情的にならないように私から母への懇願の話をブログにしたばかりでしたね

hatarakanaino.hatenablog.com

 

もしかしたらこれは母の心の病でしょうか?

 

食事が終わって片付けを終えて、ひとりになって悲しくなりました(´;ω;`)…

 

これから大丈夫なんでしょうか?

なんだか最近自信がなくなってきました

 

母と私は今になってうまくやっていけない!なんてことになったら今後どうなるんでしょう?

お互いに譲り合っていきたいところですし、それができると思っていました

 

我慢でしょうか?

介護ストレス以前の同居ストレスです

 

この感情が一時的なものだったら良いのですが・・💧

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログを書くことってツマンナイことなの?

 

この働かないののブログを始めて約4ヶ月経ちました_(_^_)_

自己紹介的なものはほぼ終わって、自分的にはちょっと落ち着いてきた感があります

 

実は私、このブログが初めてのブロガーではありません

以前はNo Life No Journey旅ありきの生活をしていたので旅ブログを10年程やっておりました

結構続きましたね(-ω☆)

旅の情報を発信していたので割りと賑わっていたのですが、残念ながら今はそちらのブログはお預け状態です

 

ということは、私ってブログ好きなのでしょうね

なんか記録に残したいタイプ?

 

ブログを書き続ける人っていったいどんな人なんでしょうか?

 

実はですよ・・

 

もうかれこれ10年位前の映画でした

英語の映画だったのでアメリカかイギリスの映画だったと思います

恋愛モノだったと思うのですが、その中のセリフで男の人が女の人に向かって

とっとと家に帰ってブログでも書いてろ!

みたいなのがあったんですよ

セリフもうろ覚えですし、それが字幕だけがそうだったのか、実際の英語がホントにそう言っていたのかすら定かではありません

字幕って時々ニュアンスだけあわせることがありますからね

 

当時ブロガーだった私はすごくそのセリフがササリましたΣヽ(`д´;)ノ !

 

えっ( ゚д゚ )!!

ブログを書くってことはつまんないことなの!?

バカにされるようなことなの!?

 

あの映画はなんて映画だったんだろう┐(´д`)┌

誰か知りませんかщ(゚д゚щ)カモーン

 

ブログを書かない人からすれば、なんとチマチマした行動に思えるのかもしれません

でもあくまでも映画の中のセリフですから気にすることはないのですけどね

 

今の私はリアルな生活の中で誰にも吐き出せないものをブログで吐き出してスッキリしたり、あとは書くことによって心の整理をさせていただいています

それで共感して読んでもらえれば万々歳です

 

実際、読み手側としてもブログの更新が楽しみなブロガーさん達たくさんいますからね

 

私もそうなりたいとは思わないことはないですけど、無理せずこの調子で毒を吐き出していきたい所存でおります

このブログは誰にも秘密なので

とっとと家に帰ってブログでも書いてろ!

なんて捨て台詞言ってくる人もいませんし☆(ゝω・)v

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お母さん、ごめん。

 

なんだか今日は松浦晋也さんの本のタイトルみたいになっちゃいました

hatarakanaino.hatenablog.com

たまにですが、母がキレることがあります

普段は穏やかではあるんですが、時に(生まれた時から知っている)昔からの短気な部分が見え隠れします

 

母が私にやってほしいことを言ってくるのは全然いいんです

家族は助け合いですから

言われればやりますし、今までもNoと言ったことはありません

ただ母の場合は仕切り屋というやっかいな性格から私にやってほしいことを細かく指示するという受け手泣かせなんです

 

母の指示が読めない、何をしてほしいのかわからないことがあります

母が説明するのをなんとか理解しようと黙って聞いていると、そのうち母がキレます

あっ!くるな!きたな!って感じです

だからー💢って調子でやられます

心臓に悪いです

うんざりです

 

そんな時私は、そんなに怒らなくてもいいのでは?と諭します

自分で言うのも何ですけど私はヒステリックにはなりません

もしかしたら冷たい感じがするかもしれません

 

繰り返し起こります

 

最近この頻度が高かったので、今日はきっちり反論させていただきました

 

お母さん、そんな感情的に言わなくていいんじゃない?と

私は一生懸命理解しようとしているよ

言っていることがわからないだけで、(母の)説明の仕方が悪いとかは考えないのかな?

だからー💢とかいう言い方はすごくストレスがたまる

そこまで言われて私は一緒に住みたくないからね

 

母は言いました

どうして(母が)言っていることがわからないのかが理解できない

 

私・・・・・・・・・・┐(´д`)┌

 

普通に言っているつもりだったけど、もっと優しくしないとね

ごめんなさい

 

私・・・・・・・・・・(普通Σヽ(`д´;)ノ ?!)

 

こんなこと母に言わせたくなかった

 

でも私は争いごとが嫌い

 

心を鬼にして言ってよかった

でも言ったことに後悔も

 

これも親との同居では乗り越えなければいけないことなのかもしれません( ;∀;)

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村